薬石の秘密

薬石とは

薬石とは

患部にあてると症状が軽くなったり、痛みが軽くなったり、そんな力を持った石が存在するのを聞いたことがありませんか・・・?
これが「薬石」なのです。よく、ありとあらゆる手段を講じても命が助からなかったときに「薬石の効なく・・・」といいます。古くからのいわれに引用されていることからも、「薬石」 という人間の治癒力を高めてくれる鉱物は、古来から存在してきたことがうかがえます。
例えば「麦飯石」を例にとっても1601年に刊行された漢方薬の文献として著名な『本草図経』には、はっきり「薬石」として麦飯石の名が登場しています。この中で麦飯石の4つの薬効が挙げられています。


麦飯石

麦飯石

麦飯石はその外観がムギ飯に似ていることから「麦飯石」と呼ばれています。中国では2000年以上も前から「薬石」として使われてきました。冒頭でも説明しましたが「本草図経」にも紹介されている4つの薬効は次のようになります。

麦飯石の薬効(本草図経より)

  • 皮膚病
  • はれもの・吹きでもの
  • 鎮痛
  • 傷口の治療

このように直接クスリとしても、又、クスリを調合する場合の混ぜ水としても使われてきました。それは「麦飯石」が水にも、とても良い効果を発揮するからなのです。この他にも皮膚の新陳代謝を促進して、しわを防止するなどの美容効果もあります。

麦飯石の効果

  1. 水道水をマイナスイオン水(ミネラル水)に
    麦飯石は健康な人体に必要な、カルシウム、マンガン、鉄分などの良質なミネラルを豊富に含む薬石。しかも水につけると自然に溶け出す性質があります。
    例えば、カルシウムには歯や骨を強くしたり、コレステロールを抑制する働きがあります。また鉄分は血液のバランスを整える役目をします。ミネラル豊富な水は「おいしい」というだけではなく、健康にとって不可欠な要素を含んだ「命の源」。世界の名水が特定地域の岩盤を通過して作られるように、麦飯石はご家庭の水道水を活きた水に変えます。当然、お風呂に活用しても豊富なミネラルがお肌を整えスベスベにしてくれます。
  2. 不純物の吸収と脱臭
    「麦飯石」は多孔性(顕微鏡で見るとたくさんの穴があいている)の鉱石で、石表面の無数の小さな穴が、水中の残留塩素、アンモニア、雑菌などの不純物・有害物質を吸着します。また、空中の臭いも吸着し脱臭剤としても、市販の活性炭などの数倍の力を発揮します。
  3. 水の性質を弱アルカリ性にする(その水を飲むと身体がアルカリ化する)
    「慢性的な肩こりや便秘の人は血液が酸性に傾いている」という臨床結果があります。これを放置すると、糖尿病や高血圧疾患になる危険性があります。ヨーロッパでは「肉と同じだけの野菜をたべろ」と言われていますが、その理由は野菜が肉によって酸性化した体液をアルカリ性に中和するカルシウムを豊富に含んでいるからです。しかし火山大国である日本の野菜にはそれほど多くのカルシウムが含まれていません。そこで効果を発揮するのが麦飯石。麦飯石には水中にカルシウムを溶出する作用があります。麦飯石を通った水を飲むと肩こりや便秘が和らぐのは、酸性化した血液が弱アルカリ性に戻るからです。
  4. α線を放射しているので生命体によい影響を与える
    中生代から新生代にかけてできた石にはβ線やγ線を放射するものがあり生命体には良い影響を与えないのですが、麦飯石は身体に好影響を与えるα線を多く放射します。
  5. 遠赤外線の放射率が非常に高い
    麦飯石は人体に有益な遠赤外線を放射しますので、肩こり・腰痛・ひじ、ヒザの痛み・神経痛・関節痛・倦怠感・冷え性・リウマチなどを緩和してくれます。

麦飯石・公共機関の認可

1972年厚生省が医薬部外品として認可
1975年厚生省が食品添加物として認可

トルマリン

トルマリン

1073年スリランカで産出されてから、ヨーロッパに広まり、1880年にキュリー兄弟(後にノーベル賞を受賞)が「トルマリンに熱や圧力を加えると電気が発生する」ことを証明しました。電気を発生することから和名は「電気石」とも呼ばれいてます。トルマリンの色は赤・黄・緑・青・紫・黒など多彩な色があり、宝飾としてはオパールとともに「10月の誕生石」としても人気を集めています。

トルマリンの特性

  • 水質の改善
  • 人体を流れる電流と同等の微弱電流を放出する
  • マイナスイオンを放出する
  • 傷遠赤外線を放出する

トルマリン・公共機関の認可

1996年厚生省が食品添加物として認可
1996年厚生省が化粧品原料として認可

ゲルマニウム鉱石

ゲルマニウム鉱石

ゲルマニウムは1885年にドイツの学者ヴィンクラー博士が銀の鉱石を分離しゲルマニウムの抽出に成功したところから発見されました。そしてドイツの別名ゲルマンにちなんで自由を意味するゲルマニウムと名づけられ、以来、工業の分野で注目されてきました。

ゲルマニウムは半導体(条件により電気を流したり、流さなかかったりする)という特殊な電気質をもった元素でできています。ゲルマニウムには有機ゲルマニウム(植物に含まれている)と無機ゲルマニウム(鉱物に含まれている)の2つに分けられます。


ゲルマニウム鉱石の特性

32度以上の熱を与えると人体に有効なイオン(電子)を発生する。
遠赤外線を発生する。

瑰泉での薬石の使われ方

薬石の湯・瑰泉では「薬石」を至るところに活用しています。それは瑰泉の建設時からの壮大な計画でした。例えば、イベントルーム・廊下・食事処の畳の下など、主要な場所の床下には何十トンもの「トルマリン」「麦飯石」「サンゴ礁」を敷き詰めてあります。同様に瑰泉の内装壁の中にも薬石が塗り込まれいます。

「リラックス空間 暖欒」と「効熱・薬石ドーム」の琉球畳の下には、薬石であるトルマリン・麦飯石・サンゴ礁が約8cmの厚さで部屋一面に敷かれています。

瑰泉での薬石の使われ方