瑰泉の泉質

瑰泉は山梨県笛吹市石和町に位置し「石和温泉」を使用しています。「石和温泉」は、湧出口温度45.9度の高温泉、毎分百二十リットル使用する、豊かな大自然の名湯です。 温泉効果としては、温泉熱や溶存物質による血液・リンパ循環の促進や自律神経の調整等の温熱効果のほかに、身体の中へ酸素や栄養を多く取り入れ、老廃物を体外に排出し疲労をとる静水圧効果、リハビリ等に有効な浮力効果。人体の機能リズムの変化等による総合的生体調整作用効果、温泉成分等からの医学的効果が期待されます。本温泉はアルカリ性の泉質+薬石からのミネラル、及び遠赤外線効果でお肌のスベスベ感や身体のポッカポッカが長く続きます。
大月短期大学地球化学名誉教授 田中収先生の石和温泉と瑰泉の解説はこちら

温浴の適応性
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

瑰泉の泉質_写真1

温泉と薬石泉

湯質にこだわる瑰泉では、「石和温泉」と「薬石(鉱石)泉」のブレンドによる何処にもない湯質をつくりだしました。

瑰泉が選んだのは豊富なミネラルと同時に、水の浄化作用がずばぬけて高い麦飯石と電気石トルマリンです。麦飯石は中国で2000年以上前から「薬石」と呼ばれクスリとして、又、薬を調合する時の混ぜ水としても使われてきました。備長炭の数百倍の多孔質をもつこの石は水の不純物や臭いを取り除く上、ミネラル分を溶出するというまさに水のお母さん。薬石泉タンクや浴槽の壁面、床面にふんだんに使われている石が麦飯石です。(麦飯に似ているところから麦飯石(ばくはんせき)と呼ばています。

瑰泉の泉質_写真1